月の損益2019年7月:先物システムトレード(岡三RSS)

ストラテジーを大幅に入れ替えて1か月が経ちました。これからまた月の損益をまとめていきます。

7月はプラスでした。ただ、ストラテジーの中ではまったもの、そうでないものがはっきりしています。

週の損益のところでも述べましたが、ここのところは方向感のない相場が続いています。そのため、逆張り系のストラテジーが利益になっています。逆にトレンドを取りたいストラテジーたちは苦戦しています。

それでは結果を見ていきましょう。

日経平均先物 自動売買結果

現在運用中の売買ストラテジーは以下の通りです。

ths逆張り系。下落で買い。上昇で売り。
predict押し目狙い。上昇傾向中の下落で買い。下落傾向中の上昇で売り。
dnseries1どちらかというと押し目狙い。
dnseries2どちらかというと押し目狙いだが、1とは少しタイミングを変えた物。でもよく1とかぶる。
dnseries3逆張り系。1と2を補完。

ここで示す結果は、それぞれのストラテジーに対してミニ1枚で売買した手数料も含む実額損益です。

各ストラテジーごとの結果の推移を下に示します。

一見して、『ths』が大きく勝っています。このストラテジーは下がった後の反発、上がった後の反落を狙うストラテジーで、それがうまくはまるような相場だったことがうかがえます。

その他のストラテジーはまあ、勝ったり負けたりな感じです。

全部のストラテジーを合算した結果も示します。

数値でも結果を示します。

ths87812
predict-10344
dnseries1-24424
dnseries2-4478
dnseries327624
合計76190

これだけ見ると、『ths』だけ使えばいいように見えますが、そういうわけでもありません。

このストラテジーにも苦手な場面があります。価格が一方向にどんどん進んでいくような時はこのストラテジーは勝てず、むしろ大きな損失を計上します。

でもそのような相場の時は他のストラテジーが強さを発揮してくれるはずです。

しばらくはこれらのストラテジーで運用を続けていくつもりです。

おすすめ記事 自作システムトレードの始め方【生き残るための注意点も】
おすすめ記事 【システムトレード】岡三RSSで株を注文【サンプルファイル有】
おすすめ記事 PCを自動再起動し岡三RSS用Excelマクロを自動起動する

タイトルとURLをコピーしました